前へ
次へ

国際化社会で輝いていく為に必要な語学教育

日本は単民族の島国であり江戸時代の鎖国などの政策なども相まって、日本独特の文化を育み現在では世界の国々から注目される、魅力溢れる国として知られるに至っています。
しかしながら、これは他の国々に比べ他国の言語に触れる事が少なかった歴史でもあると言え、世界の先進国に数え上げられるようになり久しい昨今でも、語学力で遅れをとっているという実情があります。
ヨーロッパ諸国や、かつて植民地支配されていたアジアや南米の国々などでは、バイリンガルやトリリンガルは珍しい事ではありません。
東京オリンピックを来年の2020年に控えるホスト国としては、増加する外国人観光客への対応力にも大きく関わる問題であり、一抹の不安が感じられる部分とも言えます。
今後日本が国際化社会の中に於きまして、先進国として輝いていく為には国民全体の英語力の底上げと、世界経済への影響力を増した中国語教育への取り組みが求められていくと考えられます。

Page Top