前へ
次へ

最新技術などを担う者の最前線とは

進化するたびに、教育にも新しい情報が必要になります。
今は、個人が電子端末で膨大な情報をやり取りしたり、移動や生活、仕事のためにその便利さを享受しています。
一方で、情報処理の中核を担う集積回路の能力が、物理的発展の限界点を迎えるのではなかろうかと、問題視されています。
テレビも、新聞やラジオに続くメディア革命でしたが、今やパソコンやスマホの時代ですが、リアルな映像を遠隔地へ伝達する技術は、他の分野への技術波乃効果になっているのではないでしょうか。
今、市販の携帯端末に搭載されている集積回路も、とある大学院の教授からは、月着陸計画で使われた大型の計算機を遥かに凌ぐ能力であるものの、物理法則ではすでに限界なのでは、という点を指摘しています。
スマホにしても、スマートの言葉は頻度よく耳にしますが、情報通信技術によって、省エネなどのスマート社会が始まるのではないでしょうか。
今、教育を受ける者たちにとっては、いかにして次世代の情報材料を開発していくべきなのか、最新技術への課題は山積みなようです。

Page Top