前へ
次へ

勉強中に眠気を感じたら15分だけ軽く仮眠を

机に向か勉強をしていると不思議なくらい睡魔に襲われることがありますが、強い眠気を感じるのであれば寝てしまうことです。
布団に横になってぐっすりと眠ると、そのまま長時間寝てしまう可能性があります。
勉強机に突っ伏したり、椅子にもたれたりして、ほんの15分程度眠ることです。
するとほんの少しだけの眠りであろうとも、思いのほか頭がスッキリとします。
今夜は徹夜で勉強をすると決めるのは逆効果であり、徹夜ということは長い時間があるためです。
逆に気が緩んでしまって、考えるよりも勉強に集中はできません。
もしも夜の勉強で根憂さを感じたら。
15分だけ仮眠をとるか、もしくは寝てしまって、朝の3軸らに目覚めて勉強をすることです。
朝が苦手な人であれば夕食の工夫をするのが良い方法であり、白米や麺類などは消化に時間がかかり、朝もスッキリ起きることはできません。
夕食だけは主食を無くして、軽く野菜や海藻にキノコなどで済ませると、消化に負担がかからず驚くほど朝はスッキリ起きることができます。

Page Top