前へ
次へ

いま注目を集めているモンテッソーリ教育の概要

モンテッソーリ教育は、将棋の藤井聡太七段が幼少期に受けていたことが報じられ、徐々に知名度を向上せさています。
この教育方法は、1870年生まれのイタリア人女性医学博士マリア・モンテッソーリが確立しました。
子供には自分自身を育てる力が、生まれつき備わっている、という考えを前提条件としています。
この考えをベースにして、指導者や親は、子供が自発的に物事に取り組めるように環境を整備します。
大人の意向を押し付けられるのではないため、自分が選んだことを能動的に行って成長していきます。
大人が環境整備で気をつけるポイントは多くあります。
たとえば道具について、色や形が子供にとってキャッチーであること、使い方を間違っているときには自分で気がつけるように設計されていることなどです。
確立から100年以上が経ち、世界の140カ国以上に普及しています。
モンテッソーリ教育を受けた藤井七段以外の著名人としては、アマゾン創設者のフェフ・ベゾスやグーグル創設者のラリー・ペイジが挙げられます。

Page Top